2021年6月9日(水)、「さいしんビジネスフェア2021」をリアル会場(さいたまスーパーアリーナ)にて行いました。


4度目の開催となった今回は、「《さいしん》から『新常態(ニューノーマル)のご提案』」をテーマに、オンライン会場(5月10日(月)~6月30日(水)開催)とリアル会場双方を活用できる、ハイブリッド型の展示商談会となりました。


また、リアル会場で収録されたオンラインチャンネルは、「ビジネスフェア特設サイト」にて同時配信され、2021年6月30日(水)までの間アーカイブ配信も行いました。


リアル会場の当日の様子は以下の通りです。





会場には100者がブースを出展し、各企業が工夫を凝らして製品や商品を展示し、対面で商談を行いました。
職員が出展者に替わって事業内容を案内する場面もありました。



メインチャンネルでは、基調講演やオリジナル企画番組を配信しました。
フィナーレでは、池田理事長(開催当時専務理事)がフェアを締めくくる挨拶を行いました。



ビジネスチャンネルには29者が出演し、ビジネス向けのプレゼンテーションを配信しました。



オンラインショッピングチャンネルには20者が出演し、各企業がおすすめ商品を紹介しました。




テーマ展示エリアには「《さいしん》のれん街」や「しんきん圏央道アライアンス」など、当金庫のさまざまな取組みをパネルで紹介しました。




感染症対策も万全!
入場時に検温・消毒を実施し、出展エリアも通気の良さを考慮した配置としました。